About

スタートアップ・エコシステムとは

背景

スタートアップは革新的技術で経済活性化や社会課題の解決を通じて、未来社会を創造する牽引役です。
国内外から「人・モノ・投資・情報」が集まり、自律的かつ持続的にイノベーションが生み出され、スタートアップが誕生・成長する関西の実現に向けては、多様なプレイヤーの共創や大学、研究機関等 知との融合がスムーズに図られる“スタートアップ・エコシステム”の推進が不可欠です。

目的

京阪神が国のスタートアップ・エコシステムグローバル拠点都市として選定されたことは、オール関西のエコシステムの構築に向けた大きなアドバンテージであります。京阪神コンソーシアムと関西広域連合が連携し、域内の共通点や強みを活かし、役割分担しながら具体的な取組みの展開を図ることにより、域内の強みを一層伸ばし、関西のエコシステムの強化と効果的効率的なスタートアップ支援を進めていきます。

情報発信

関西のポテンシャルを世界に向けてPRしていくため、国の情報発信支援の強化をはじめ拠点都市への集中的な支援を最大限活用していき、その効果を京阪神に留めず関西全域に波及させ、活用を促進していくことで、域内で活動する全てのスタートアップ、大学、研究機関にとって世界の認知度を上げるチャンスとなるほか、域外企業、投資家にとっては関西への進出動機が高まることが期待できます。
これらの活動を通して、関西全域のエコシステムとして発展させることで、関西経済の活性化、持続的な経済成長につなげることができます。

  • 関西スタートアップ・エコシステムの情報発信戦略を策定します。

  • ポータルサイトやSNS、海外メディア等を通じて、タイムリーでインパクトのある発信を展開します。

  • 域内の支援プラットフォームのネットワーク化を図ります。

  • 海外のエコシステムとの交流、連携を図ります。